スポンサーサイト

0
    • 2012.08.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    BL小説『偽る王子 運命の糸の恋物語』矢城 米花

    0
      新刊出ると購入する作家さんのお一人です。


      政変によって父王を始め家族を失った王子・莉羽は、逃亡の途中で助けられた同士の雷鬼に育てられる。
      顔面の傷跡を隠すよう雷鬼は人里へは滅多に近づかず、山中で庵を結ぶ生活。
      そんな中美しく育った莉羽だったが、自分が王子であることだけは告げられずにいた。
      一方の雷鬼も隠遁生活の目的を明かそうとしない。
      互いに思慕以上の感情を募らせながら、秘密を抱える二人。
      ところがやむをえず赴いた都で莉羽は宦官の範賛に囚われてしまう。
      雷鬼に恨みを持つらしい範賛は、あられもない方法で羽莉を辱め……。


      好み度 ★★☆☆☆
      H度 ★★★★★


      矢城さんが東洋系のお話を書くと凌辱の頻度が高い気がします(-.-;)
      王子や皇太子を辱める描写がお好きなんでしょうか(//△//)

      今回は攻も受もお互いに秘密にしていることがあって、助言されたにもかかわらず結局その秘密にしていたことがきっかけですれ違ってしまい……受はとばっちりに近い形で凌辱。

      受が攻以外どころか何人にも穢されるので苦手な方にはオススメしません。

      どんなんでもバッチ来いなつわもの腐姉様にオススメします(笑)

      赤飯の握手会行っちゃうぜい

      0
        赤飯×ピコも好きだけどぽこた×赤飯も好きよ(←痛い)なひよこです。

        一週間以上あけてのっけから痛いテンションですみません。

        アニメイト札幌で行われる、赤飯さんの握手&サイン会当たっちゃいました〜\(☆o☆)/

        あ、ちなみに赤飯さんをご存知ない方もいると思うので説明。

        ニコニコ動画に歌をアップしているプロではない素人の方・歌い手というらしい――のお一人で、すでに何枚もCD出されてて(でもプロにはなってない)男性女性両方、更にロリショタイケメン男前姐御女王ボイスまで幅広く出す――七色の声をもつと呼ばれる方です。

        の、イベントに行ってきます(≧∇≦)

        赤飯さん知ったの去年の10月でまだ1年たってないのにもう生ですよ〜しかもライブではなく握手会が先〜近い〜近い〜(≧∇≦)

        楽しみです。

        なんでこのblogで書いたかって?

        そりゃあ赤ピコ飯まー好きだからさ(≧∇≦)
        ※赤ピコ飯まーとはプロデビューはたした歌い手・ピコさんと赤飯さんのユニットのこと。
        二人のわざとで妖しい(笑)やりとりに腐女子は熱狂し同人も多い。

        BLコミック『ツンデレ☆初体験』かゆまみむ

        0
          かゆまみむさんの3月の新刊です。
          買えたのは4月末だけどね〜(笑)
          隠れ腐女子は辛いぜ(-.-;)


          「先輩、明日うちに来ませんか」
          いつもツンツンな俺の年下彼氏が、ついにデレる時が来た―――!!
          付き合い始めてから、初の自宅お誘い。
          勢い勇んで行くものの、簡単にはデレてくれない!
          勉強しながら触ろうとしても突っぱねられる。
          でも耳が赤いよ?


          好み度 ★★★☆☆
          H度 ★★★★★


          規制が厳しくなったからかかゆまさんの描き方が少し変わったような気がします。

          直接見せるような描き方が少なくなったのかな?

          とは言ってもかゆまさん歴は2年くらいなので全部読んでいるわけではないので、あくまで今まで読んだのと今回のを比べて感じただけなんですが。

          表題作の受が可愛いです。
          負けず嫌いな受が好きなのでたまりません。
          あと『デビュー』という高校デビューした男の子の話も好き(*^^*)
          カッコイイ幼馴染みに釣り合うよう頑張るって…この二人の今後を読みたいかも。


          書き下ろしの『ツンデレ☆二回戦目』に「靴下きもちい…」って台詞があって……でもどう見ても二人とも全裸で――エア靴下!?エア靴下なんですね!!心の目で見れば靴下が見えるんですね〜(◎o◎)とエア靴下を目下想像する毎日です。

          私的には白靴下(足首よりちょい上まで)だと思うんですがどうでしょうかお客さ〜ん(笑)

          BL小説『光源氏の花嫁』真船るのあ

          0
            先日の本に引き続き光源氏計画本(笑)タイトルからしてです(^w^)これはジャケ買いでした〜。


            十歳のころに両親を亡くし、歳の離れた従兄の佳鷹に育てなれた奈緒。
            旧財閥の一ノ宮家を背負っている佳鷹は、身内からみても容姿、能力ともに非の打ち所がない、自慢の従兄だ。
            だがこれまで独身を貫いてきた佳鷹に結婚話が持ちこまれ、奈緒は自分の感情に気づいてしまう。
            男同士だけど、佳鷹のことが大好きだということに……。
            佳鷹の結婚を阻止したい一心で、奈緒がとった行動とは――!?


            好み度 ★★☆☆☆
            H度 ★★☆☆☆


            いつもならこの手の話は大好きなのですが、受が予想以上にウジウジしてたのと、デートがほぼ全て女装しての女性としてだったのであんまり萌えなかった。
            正体あかしてからの話でやっと★2ってとこ。
            ちょっと女装引っ張りすぎかな〜と(-.-;)

            SSの『一ノ宮佳鷹の苦悩』は面白かった♪
            実は幼馴染みはキューピッドでありつつも佳鷹から密命を請け負って悪い虫がつかないよう学校でのことを逐一報告して報酬にブランドバッグを貰ってたのが本編ラストで種明かしされてたんだけど、SSでは奈緒からの惚気にウンザリしつつ律義に付き合ってあげてるのが(笑)BLに出てくる女の子にしてはかなり好き。

            攻の佳鷹がMr.パーフェクトです。
            優しくて優秀でイケメンで少しでも違和感を感じたら探偵雇って調べさせたり護衛つけちゃうくらい。

            まぁ凄いお金持ちな一族なのに奈緒には護衛いないんだ〜とは思ったんですが…庶民的なのは奈緒だけだったと。

            Mr.パーフェクトな佳鷹が幼馴染みに逐一報告させるくらい奈緒が好きっていうラストは可愛い気が出て好きです。

            正体バレないのに、なぜ気づかない!?と突っ込んだらさすがにバレてたんだね(笑)
            すぐ指摘しなかったのは、もしや外で恋人気分を味わいたかったからとか?男同士だもんね〜。

            歳の差CPは攻が受に振り回されてるくらいが好きです。

            さ〜真船さんあと3冊読むよ(≧∇≦)

            BL小説『旦那様は恋人を拾う』間之あまの

            0
              はじめましての作家さんです。


              六花は十年前の雪の晩、大店の呉服問屋「伊勢屋」の若き店主・桐一郎に拾われた。この国では珍しい緑色の瞳、淡い茶色の髪を持つ六花の外見を気にすることなく、幼い頃から変わらずに優しい桐一郎。そんな彼を一心に慕い、仕えてきた六花だが、近頃は自分の気持ちに戸惑うことが多い。店の常連客の苑子嬢と桐一郎の親密さに胸が苦しくなったり、昔はただ嬉しかった添い寝に緊張したり……。ある夜、布団の中でいつものように桐一郎に抱き締められた六花は、今までにない体の熱さを感じて……。


              好み度 ★★★☆☆
              H度 ★★★☆☆


              光源氏計画から途中受の自立物語に!って感じでしょうか。

              最初はツイッタ−で攻の京都弁がたまらなく良いですと書かれていたのに興味引かれたんですが、イラストが佳門サエコさんだったので即購入♪

              性知識に乏しい六花に手ほどきしたりと桐一郎は光源氏のように六花を側において、おまじないのキスをしたり添い寝したり…と溺愛。

              攻が凄い策略家で結婚しなくていいようにしたり、跡取りの心配がいらないよう母親と使用人くっつけてみたり…自分達の幸せの為に打てる限りの手を打ってきます。

              優しいだけじゃない策略家で嫉妬も独占欲も凄い攻だけど受はめちゃめちゃ好きなようなのでお似合いです。

              受のお金の稼ぎ方がそんなうまくいかんやろ〜と突っ込んでしまいますがまぁBLですから!乙女の理想ですから(笑)

              あまあま京都弁の策士な攻と健気で頑張り屋の受が読みたい方にオススメです。

              読書メーター

              0
                2012年04月の読書メーター
                読んだ本の数:77冊
                読んだページ数:9054ページ
                ナイス数:12ナイス

                ▼4月に読んだ本一覧
                http://book.akahoshitakuya.com/u/63110/matome

                今回は雑誌と漫画が多い。小説少ない…

                少女コミック『華の姫』

                0
                  まさかまさかの少女漫画で男色ですよ〜(≧∇≦)
                  まぁ少年漫画よりは問題ないか(笑)

                  『華の姫』は織田信長の妹・市の娘・茶々が主人公。
                  相思相愛の家臣がいたけれど豊臣秀吉の側室に迎えられる。
                  側室になったものの秀吉に隠して家臣と密会し懐妊。
                  秀吉の子として産むものの池で溺死。
                  その後別の男性と関係を持ち子を産み秀吉の子としてまた育てる。
                  全部史実とはいえない部分もありますがなかなか壮絶な歴史漫画です。
                  茶々が何人もと関係をもつのでなかなか大人向けな内容ですが普通に小学生も買って行きます(-.-;)
                  売る側は複雑(汗)


                  で男色ですよ!

                  本編ではなく石田三成の幼少時代を描いた漫画です。
                  石田三成が幼い頃に預けられた寺の僧侶のお稚児さんにされていたという話で、結構しっかりと男色描写が(〃д〃)
                  絵が綺麗なので少女のような少年にしか見えないのも少女漫画に載せられる要因の一つかな?

                  寺の僧侶が実家の上司筋にあたるため、嫌だけど逆らえない佐吉(石田三成)に萌えです(≧∇≦)
                  またねその嫌そうな顔に萌える(ドSな自覚はありますとも・笑)

                  まだ3巻までしか読んでませんが漫画としても面白くて男色描写なくてもオススメです(^w^)

                  BLコミック『書店員のオススメは』黒沢椎

                  0
                    書店員なので書店漫画は気になります。


                    ケンカ上等の元ヤンが、書店員にまさかの転職!?
                    肉体労働しか知らない天地は、付録を組めばゴミの山、レジに回れば客に凄む、天地の一挙一動に目を光らせて厳しく指導してくる店長の桜井が気に食わない。
                    けれど偶然意外にも桜井の泣き顔を目撃してしまい!?


                    好み度 ★★☆☆☆
                    H度 ★☆☆☆☆(H度は0でもいいぐらい)


                    短編集です。
                    書店漫画は前後編と番外編のみ。
                    一冊丸々かと思ってたので残念。

                    書店員も結構肉体労働寄りですから〜という現場の叫びは置いておいて…天地は清々しいほどヤンキー(笑)不景気で勤めてた会社が倒産して、ツテで入ったのが書店。
                    そりゃあまったく違う仕事だよね〜書店ってば肉体労働寄りだけど知識いるし(最近はパソコンでかなり補える)接客業だし土建系とは大違い。

                    気に食わないと思ってた桜井店長の泣き顔を見てしまって、元恋人の本に天地が大量のPOPつけて展開って書店員にしか出来ないな(笑)

                    でもさ…誤解するよ。
                    ペンネーム浅宮悠子って誰だって【あやみやゆうこ】って読むよな〜これで【あさみやゆうじ】とは読まんよ(-.-;)
                    結婚した浅宮に見切りつけたように桜井も結婚してみたけどダメでバツイチにってことは桜井は真性なのかな?浅宮はバイ?いやノンケなのか。

                    番外編で天地と桜井が関係を持つんだけどサラッと描かれててあまり慣れてないのかな?と思いました。
                    まぁ朝チュンよりは全然いいけど。

                    私的には後編のおあずけで終わっててもよかったよ。

                    BL小説『ショコラティエは誘惑する』篁ゆ以子

                    0
                      篁ゆ以子さん毎回携帯にゆの字がないです(-.-;)


                      「バレンタイン商戦の目玉に、桐野征司を口説き落とす!!」

                      老舗百貨店に勤める浅見の目標は、天才ショコラティエ・桐野の店をデパ地下に誘致すること。
                      桐野は数多の出店依頼を蹴ってきた超難関!
                      そんな彼が毎日通いつめる浅見へ嫌がらせのようにキスしてきた!!
                      「オレを口説くなら、覚悟はしておけ」
                      傲岸不遜に迫る桐野をかわしつつ、企画のため奔走する浅見だったが!?


                      好み度 ★★★★☆
                      H度 ★★★☆☆


                      才能はあるけど俺様な天才ショコラティエとやる気と熱意と根性溢れる百貨店の営業(バイヤー?)
                      CP。

                      しつこい浅見を諦めさせようとセクハラ紛いに迫って本当にキスするの〜。
                      チョコレート苦手な浅見が食べられるようになるくらい桐野のチョコレートは素晴らしくデパ地下の催しも大成功。
                      そのまま終わりたくないと二人は関係をもってはれて恋人同士に。


                      『ショコラティエは勝負する』では二人の危機が二つも!
                      壊し屋の呼び名がある上司がやってきて桐野の出店許可がおりずへこたれそうになる浅見、しかしチョコレートのことにおいては譲れない桐野。
                      そんな時、上司が桐野とは別のショコラティエを誘致しようとしているのを知り…会社員としては別のショコラティエといえど同じように熱意をもって対応しないといけないのはわかってはいるのだけれど…。

                      悩んでいる浅見に桐野は優しい言葉をかけてくれるわけでもなく、そんな時に桐野のライバルショコラティエの梨本に優しく言い寄られてしまいぐらついてしまう。
                      でもね〜仕方ないかも!
                      桐野も自分でも言ってるけど思いやり少なかったんだよ。
                      甘い言葉はかけるけど寄り添ってないっていうか…それが梨本の出現でちゃんと相手を思いやって寄り添える関係になれたんだよ〜。

                      俺様な攻がちゃんと受を思いやってるお話大好きなんで、桐野が浅見をモノ扱いしないで対等の恋人として考えてくれる間柄になれたのはよかったと思います。

                      横恋慕梨本は桐野の恋人だから浅見を奪いたかったのかちゃんと好きだったのかな?
                      私的には浅見の元カノのラッピングデコレーターとくっつけばいいのに…と思いました。
                      もしくは桐野の弟子とか(笑)

                      チョコレートのように甘い甘〜いお話でした。

                      しかし…作中に出てくるような一粒1800円のチョコレートなんて私は無理だわ(TヮT)

                      BLコミック『西町診療所の秘密』高久尚子

                      0
                        ずいぶん懐かしい本です。
                        確か完全版出てたよね…。


                        ある日出会った美しい医者冬雪。
                        俺は一目で冬雪に魅かれたが、冬雪には人に言えない秘密があった。
                        他人の記憶を自由に消すことができる力。
                        この力で過去の辛い記憶に苦しむ人たちを救おうとする冬雪。
                        でもそれは正しいことなのか?俺たちはお互いに深く愛し合っているが、この秘密をめぐって対立してしまう。
                        俺が彼を愛してる気持ちは少しも変わらないのに!


                        好み度 ★★☆☆☆
                        H度 ★☆☆☆☆

                        陰陽師の家系に生まれた冬雪は、能力がなく誰からも必要にされていないと思い、必要とされたくて医者になる。
                        しかしまだまだ半人前で院長がいないと患者に信用されず帰られてしまう始末。

                        攻めは中学の英語教師でハーフの関屋クレイグ。
                        学校が夏休みで院長がいない病院を冬雪に頼まれ手伝うことに。

                        冬雪の能力の使い方については真っ向から対立する二人ですが、お互いが愛しくて必要なのは同じと恋人同士に。

                        冬雪は能力を使わなくても必要としてくれる人が現れたしめでたしめでたしかな。

                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM